コーヒー ダイエット。

コーヒー ダイエット

スポンサードリンク

コーヒー ダイエットって何?

コーヒーダイエットとは、コーヒーに含まれる成分カフェインとクロロゲン酸の効用をコーヒーを摂取することでダイエットに利用するというダイエット法です。

カフェインの効果

カフェインは、脳の視床下部を刺激して交感神経の働きを活発にする働きがあります。

朝コーヒーを飲んだり、眠気覚ましとしてコーヒーを飲むのはこの働きによるものです。

この時、褐色脂肪細胞の働きも活性化します。その結果、体脂肪の消費しやすい状態となります。

クロロゲン酸の効果

コーヒーを飲んでから運動をすると、グリコーゲンの多くは残ります。

これによって、摂取カロリーを抑えることができます。

グリコーゲンの量が減ると血糖値が下がってしまいます。

血糖値が下がるとお腹がすいてしまいます。

このことからも、コーヒーを飲んでから運動をすると、グリコーゲンの多くは残って空腹感を避ける効果があります。

グリコーゲンって

グリコーゲンは、肝臓や筋肉に含まれていて、動物性のでんぷん多糖類の一種です。

グリコーゲンは、食物から摂取したエネルギーを、グリコーゲンの形で肝臓に一時蓄えておきます。ですので、エネルギー貯蔵物質としての働きがあります。

糖分の貯蔵手段として、脂肪とアミノ酸という形によるものがあります。しかし、脂肪酸という形でしかエネルギーを取り出せない脂肪や、合成分解に窒素代謝の必要なアミノ酸と違って、グリコーゲンは直接ブドウ糖に分解できるというメリットがあります。

カフェインとクロロゲン酸の効果を高める

カフェインとクロロゲン酸の効果を高めるためには、運動をする20〜30分前にコーヒーを飲んでから15分程度の運動をするとよいようです。

ブラックコーヒーで

砂糖を入れるとカフェインとクロロゲン酸の吸収率が悪くなりますので、ダイエットとしてコーヒーを利用するにはブラックが基本です。

お湯の温度に注意

クロロゲン酸は熱に弱いので温度が高すぎると抽出量が減少してしまうので、お湯の温度は80〜90度くらいにしましょう。

深煎りコーヒーより浅煎りコーヒー

クロロゲン酸は生のコーヒー豆に最も多く含まれていて、焙煎することで減少していきます。

ですので、深煎りより浅煎りのほうがカフェインとクロロゲン酸が多く含まれます。

コーヒー豆の種類

ハワイコナとマンデリンというコーヒー豆には、香りにも脂肪燃焼効果があるといわれています。

©コーヒーBOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。