アイスコーヒー。

アイスコーヒー

スポンサードリンク

アイスコーヒー

アイスコーヒーの作り方にはいくつかあります。

アイスコーヒーの作り方1

氷水の入った器や冷蔵庫などで一気に冷やす

氷で薄まることもなくコーヒー本来のコクや香りが楽しめます。

時間をかけて冷やしてしまうと、にごったり、味が多少変わってしまうので注意しましょう。

  • ホットコーヒーを淹れる要領でコーヒーを淹れます。ホットコーヒーの時と同じ分量で抽出します。
  • 氷水を用意しておきポットごと冷やしてその後冷蔵庫でさらに冷やします。

アイスコーヒーの作り方2(さっぱりタイプ)

さっぱりとしたアイスコーヒーが楽しめます。味の調節も簡単にでき、大変便利な作り方です。大目に飲みたい人は、氷を多めに淹れて薄く作りましょう。

  • ホットコーヒーを淹れる要領でコーヒーを淹れます。氷で薄まるのを考慮してホットの時の約2倍の濃さで抽出します。
  • グラスに氷を入れて熱いコーヒーを注いで急速に冷やして出来上がりです。

(煎ってから2週間以内の豆を使用するのがオススメです。)

アイスコーヒーの作り方3(すっきりタイプ)

コーヒー粉を水で溶かしてからフィルターで濾す作り方です。コーヒーゼリーなどのデザートを作る時に用いられています。多少時間がかかるのですが、にごらず、すっきりした味わいのコーヒーが楽しめます。

  • ポットにコーヒー粉を入れ水を入れます。(コーヒー粉1人分約10g、水約140cc)
  • よくかき回してから冷蔵庫で4〜8時間寝かせます。
  • ペーパードリッパーにフィルターをセットして冷やしたコーヒー液を濾します。

(煎ってから2週間以内の豆を使用するのがオススメです。)

©コーヒーBOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。