コーヒーの淹れ方。

コーヒーの抽出方法

珈琲豆には約20〜30%の水に溶ける成分である可溶性固形分が含まれています。抽出とは、焙煎し粉砕した珈琲粉に含まれるこの成分を、水に溶解させることです。飲んでいるのは、その内の約60〜80%を抽出した …

コーヒーの抽出方法

工程による味の違い

自分の好みの珈琲を淹れるために覚えておくと役に立ちます。中煎り→中挽き→中温→中速基本バランス。バランスのとれた味でスタンダードな珈琲の抽出方法。浅煎り→粗挽き→高温→高速アメリカン・テイスト。程よい …

工程による味の違い

ペーパードリップ

ペーパードリップは、抽出法としては極めて合理的で衛生的な抽出法です。ドリップ式は少量の粉でも美味しく淹れることができます。また、扱いや保管も手軽です。使用する器具ドリップペーパー、ペーパーフィルター、 …

ペーパードリップ

ネルドリップ

昔ながらのネルドリップ式珈琲の淹れ方は、いかにも手作り感覚があります。ある程度の分量の湯が必要なので、大量抽出に向いています。また、珈琲粉が細かすぎると、ネルの目が詰まり抽出ができなくなってしまう可能 …

ネルドリップ

サイフォン

サイフォン式は、ガラス製のフラスコとロートを使った、蒸気圧を利用して珈琲を淹れる方法です。下のフラスコに入れた水が沸騰して、上のロートに上がって珈琲の粉と混ざり合い、下の火を止めて温度を下げると、今度 …

サイフォン

直火式エスプレッソ

エスプレッソとはイタリア語で、英語のエクスプレス(急行)と同じ意味をもっています。イタリアの一般家庭でモカの愛称で親しまれている器具で、構造も簡単で2層に分かれたフラスコ部と上部のポットの間にフィルタ …

直火式エスプレッソ

マシン式エスプレッソ

エスプレッソには、イタリア語で「搾り出す」という意味もあります。高温で蒸された珈琲豆から急激に搾り出されるエスプレッソの性質も含めて名づけられています。エスプレッソの原理は、以下に強い圧力を加えて勢い …

マシン式エスプレッソ

ウォータードリップ

珈琲は水に溶ける成分が主体なので、自ら抽出するのも可能です。自ら抽出した珈琲は水出し珈琲と言われています。また、オランダ人が考案したことからダッチ珈琲とも言われています。ウォータードリップでの珈琲は、 …

ウォータードリップ

パーコレーター

パーコレーターの原形は、200年ほど前にフランスで発明されたと言われています。アメリカでは、西部開拓時代から使われてきた伝統的な抽出器です。バスケットに珈琲粉をセットして、湯を入れて火にかけるだけなの …

パーコレーター

イブリック

珈琲豆をつぶして使うことを考え出した国で知られるトルコ。ターキッシュ珈琲と呼ばれる挽き粉を煮出して抽出する伝統的な珈琲です。イブリックとは、ターキッシュ珈琲を煎れる時に使う専用のポットのことです。日本 …

イブリック

アイスコーヒー

アイスコーヒーの作り方にはいくつかあります。アイスコーヒーの作り方1氷水の入った器や冷蔵庫などで一気に冷やす氷で薄まることもなくコーヒー本来のコクや香りが楽しめます。時間をかけて冷やしてしまうと、にご …

アイスコーヒー

©コーヒーBOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。