ビタミンD

ビタミンD(カルシフェロール)は、脂に溶ける性質を持っています。くる病の予防因子として発見され、「日光のビタミン」と呼ばれています。プロビタミンDが紫外線に当たるとビタミンDが合成されます。D2とD3があり …

ビタミンDの効果・効能

ビタミンE

ビタミンE(αトコフェノール)は、脂に溶け、肝臓、脂肪組織、心臓、筋肉、血液など体内で蓄えられます。しかし、比較的短時間しか貯蔵はききません。摂取量の6〜7割は排泄されてしまいます。強力な抗酸化物質でビ …

ビタミンEの効果・効能

ビタミンK

ビタミンK(フィロキシン)は、血液を凝固させるプロトロンビンなどの形成に不可欠な存在です。ビタミンK(フィロキシン)が不足するとビタミンK(フィロキシン)が不足すると血が止まりにくくなるなどの症状が出ま …

ビタミンKの効果・効能

ビタミンK2

ビタミンK2は、骨の発育を促進する効果や破骨細胞の働きを遅らせ、骨粗鬆症を予防・治療する効果があります。ビタミンK2が不足すると骨粗鬆症になりやすくなります。1日の所要量男…65ug女…55ug …

ビタミンK2の効果・効能

ビタミンC

ビタミンC(アスコルビン酸)は、アスコルビンサンとも言います。ビタミンCは、水に溶けるビタミンの中でも最も不安定で壊れやすいビタミンです。コラーゲンの形成に主要な働きをします。鉄分の吸収を助け、副腎皮質 …

ビタミンCの効果・効能

ビタミンB1

ビタミンB1(チアミン)は、水に溶ける性質を持っています。特に加熱後、水に漬けておくと一層溶けやすくなります。弱酸性下で安定しています。脚気の研究で発見された最初のビタミンで、サイアミン、またはチアミン …

ビタミンB1の効果・効能

ビタミンB2

ビタミンB2(リボフラビン)は、水に溶けますが、ビタミンB1ほどではなく、光に当てると溶けやすくなり壊れやすい性質です。アルカリ性に弱く、酸や熱にはやや安定しています。体内での炭水化物の代謝における酸化還 …

ビタミンB2の効果・効能

ナイアシン

ナイアシン(ニコチン酸・ニコチン酸アミド)は、ビタミンB3とも知られ、ニコチン酸とも呼ばれます。必須アミノ酸のトリプトファンによって体内でも作られます。ただし、B1・B2・B6が不足しているとできません。また …

ナイアシンの効果・効能

ビタミンB6

ビタミンB6(ピリドキシン)は、水に溶ける性質を持っています。体内には蓄積されず、摂取して8時間以内には排泄されます。たんぱく質の代謝に重要な働きをし、たんぱく質を多量に摂った場合には必要量が増します。 …

ビタミンB6の効果・効能

ビタミンB12

ビタミンB12(コバラミン)は、水に溶ける性質があります。ビタミンB12は、ごく少量の摂取でも効果があります。「赤いビタミン」として知られており、コバラミンとも呼ばれます。最も複雑な構造を持っていて、必須ミ …

ビタミンB12の効果・効能

パントテン酸

パントテン酸は、鶏のヒナの皮膚炎防止因子として発見されたB群の一つで、動物の成長には不可欠なビタミンです。「パン」は全体という意味で、ほとんどの食品に含まれている事からこの名がつきました。腸内でも作ら …

パントテン酸の効果・効能

ビオチン

ビオチンはビタミンHとも呼ばれ、ビタミンB群の1種で私達の体にとって必須のビタミンです。正常な免疫機能の維持をサポートし、糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポートします。アミノ酸や脂肪酸の代謝を助けるほか …

ビオチンの効果・効能

葉酸

葉酸(プテロイルグルタミン酸)は、B群の一つで、水に溶ける性質を持っています。葉酸は、ほうれん草から発見されました。BcあるいはビタミンMともいわれています。体内では作られないので食品からの摂取が必要で …

葉酸の効果・効能

エスターC

ビタミンCは、一般的に熱や水、空気に弱く、また水に溶けやすい性質から、体内に長くとどめておくことがとても難しい成分です。エスターCは、このビタミンCの欠点をカバーしたせいぶんです。ビタミンCの欠点をカバー …

エスターCの効果・効能

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。