トリプトファン

トリプトファンは、牛乳から発見された必須アミノ酸のひとつで、タンパク質生合成の材料となり、その他、肝臓、腎臓で分解されエネルギー源となります。さらにトリプトファンは、トリプトファンは脳に運ばれ、セロト …

トリプトファンの効果・効能

メチオニン

メチオニンは、タンパク質を合成するアミノ酸のひとつで、硫黄を含んだ含硫アミノ酸で須アミノ酸でもあります。メチオニンの効果メチオニンには、1.アレルギー疾患2.コレステロール抑制3.肝機能4.抗酸化作用 …

メチオニンの効果・効能

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、神経伝達物質として神経細胞間で信号を伝達する役割を持つアミノ酸のひとつで、必須アミノ酸です。天然のフェニルアラニンのことを、Lフェニルアラニンと言います。フェニルアラニンの効果フェ …

フェニルアラニンの効果・効能

バリン

バリンは、体内では合成されない必須アミノ酸のひとつで、さまざまな食品に広く含まれています。バリンは、ロイシンやイソロイシンと同じ分岐鎖アミノ酸(BCAA)の1つです。バリンは、肝臓では処理の対象とならずに筋 …

バリンの効果・効能

ロイシン

ロイシン(leucine)は、肝機能の円滑化や筋肉の強化などの効果がある必須アミノ酸のひとつです。ロイシンは、白色結晶となることから、ギリシャ語で「白い」を意味する「leuco」から名づけられました。ロイシンアは、 …

ロイシンの効果・効能

イソロイシン

イソロイシンは、必須アミノ酸の一種で、ロイシン、バリンという必須アミノ酸とともに分岐鎖と呼ばれる構造を持った分岐鎖アミノ酸類(BCAA)の一つです。筋肉の中で代謝される多くのアミノ酸は肝臓で代謝されますが、 …

イソロイシンの効果・効能

ヒスチジン

ヒスチジンは、子供の成長に大きく影響している必須アミノ酸の一種です。ヒスチジンは、大人は体内で合成できますが、子供は合成ができないので、必須アミノ酸扱いとなっています。ヒスチジンには、神経機能を助ける …

ヒスチジンの効果・効能

スレオニン

スレオニンは、トレオニンとも呼ばれている必須アミノ酸のひとつで、動物の成長を司どる因子として注目を集めているアミノ酸です。スレオニンは、必須アミノ酸の中で最後に発見されたアミノ酸です。スレオニンの効果 …

スレオニンの効果・効能

アルギニン

アルギニン(arginine)は、天然に存在するアミノ酸のひとつで、5-グアニジノ-2-アミノペンタン酸(5-グアニジノ-2-アミノ吉草酸)のことです。英発音に基づき、アージニンとも言います。Lアルギニンはアミノ酸のアル …

アルギニンの効果・効能

グリシン

グリシン(glycine)は、アミノ酢酸のことで、タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形を持っています。別名グリココルといい、糖原性を持っています。グリシンは、甘かったことからギリシャ語で甘いを意味す …

グリシンの効果・効能

グルタミン酸

グルタミン酸は、アミノ酸の一種で、動物の体内では神経伝達物質として使用されます。グルタミン酸は、脳に必要なアミノ酸ですが、不足する事はありえないようです。グルタミン酸の効果グルタミン酸は、体内では脳の …

グルタミン酸の効果・効能

グルタミン

グルタミンは、グルタミンは筋肉中のアミノ酸の約60%を占めているアミノ酸の一種です。グルタミンの効果グルタミンは、筋肉のたんぱく質合成の促進、胃や小腸などの消化器の機能維持や構造を保つための主要なエネル …

グルタミンの効果・効能

チロシン

チロシンは、必須アミノ酸のフェニルアラニンから精製される物質です。チロシンは、感情や精神機能、性的衝動を脳内で司る重要な神経伝達物質であるアドレナリンとノルピネフリン(ノルアドレナリン)、ドーパミンを生 …

チロシンの効果・効能

セリン

セリンは、アミノ酸の一種で、神経伝達物質のアセチルコリンをつくりだすのに重要な役割を果たしています。セリンは、必須アミノ酸のスレオニン(トレオニン)があれば、体内で合成できるアミノ酸です。セリンとシステ …

セリンの効果・効能

アラニン

アラニンとは、糖質代謝に重要な関連を持つアミノ酸です。アラニンには、アセトアルデヒドから化学的に合成されたDLアラニンとタンパク質を加水分解して得られたLアラニンがあります。アラニンは、肝臓での糖質の合 …

アラニンの効果・効能

プロリン

プロリンは、コラーゲンの主要要素で、結合組織・心筋の合成時の主な材料となるアミノ酸の一種です。プロリンは、ラクダのコブに豊富に含まれています。プロリンは、コラーゲンの生合成に欠かせない物質で体内で合成 …

プロリンの効果・効能

アスパラギン

アスパラギンは、アミノ酸の一種で、アスパラガスの芽の抽出物から取り出したアミノ酸の結晶です。アスパラギンは、アスパラガスからはじめて単離されたことからアスパラギンという名前が付きました。体内では、アス …

アスパラギンの効果・効能

シスチン

シスチンは、髪の毛を作っているタンパク質の主要成分で、アミノ酸の一種です。シスチンは、硫黄を含むアミノ酸の筆頭で、システインの安定形です。シスチンとシステインは、必要に応じてそれぞれが転換するので、代 …

シスチンの効果・効能

アスパラギン酸

アスパラギン酸とは、アスパラガスなどに多く含まれるアミノ酸の一種です。アスパラギン酸は、体内で他の栄養素からも作る事ができます。アスパラギン酸の効果アスパラギン酸は主に医薬品(内服用)に使用されますが、 …

アスパラギン酸の効果・効能

テアニン

テアニンは、緑茶に含まれるアミノ酸の一種で、興奮を鎮めて緊張をやわらげる働きを持っています。カテキン類は、緑茶だけでなく紅茶などにもありますが、テアニンは緑茶に豊富に存在しています。ちなみに、緑茶の苦 …

テアニンの効果・効能

オルニチン

オルニチンは、体のタンパク質を構成しているアミノ酸の一種です。しかし、一般的に知られている必須アミノ酸や非必須アミノ酸とは異なる遊離アミノ酸と呼ばれるものです。オルニチンを摂取すると、腸で吸収されて肝 …

オルニチンの効果・効能

クレアチン

クレアチンは、元々筋肉の中にあるアミノ酸の一種です。食物に含まれるクレアチンはとても微量です。クレアチンを必要量摂取するためには、大量のお肉や魚を摂らなければなりません。クレアチンのサプリメントの摂取 …

クレアチンの効果・効能

大豆ペプチド

大豆ペプチドは、大豆のタンパク質が酵素分解することで得られる成分です。大豆ペプチドのペプチドとは、タンパク質がアミノ酸として分解吸収される一歩手前の分子結合のことで、タンパク質とアミノ酸の中間に位置す …

大豆ペプチドの効果・効能

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。