アスパラギンの効果・効能。

アスパラギンの効果・効能

スポンサードリンク

アスパラギン

アスパラギンは、アミノ酸の一種で、アスパラガスの芽の抽出物から取り出したアミノ酸の結晶です。

アスパラギンは、アスパラガスからはじめて単離されたことからアスパラギンという名前が付きました。

体内では、アスパラギン酸からアスパラギンシンテターゼにより生合成されます。また、アスパラギナーゼによってアスパラギン酸とアンモニアに分解されます。

アスパラギンには、運動持久力の向上を高める効果があります。

アスパラギンとグリコーゲン

アスパラギンは、グリコーゲンの原料になります。

グリコーゲンは、肝臓や筋肉に含まれている動物性のでんぷん多糖類の一種です。

グリコーゲンは、ブドウ糖に変化してエネルギー源として大切な役割を担っています。

グリコーゲンは、エネルギーをグリコーゲンの形で肝臓に一時蓄えておくエネルギー貯蔵物質としての働きがあります。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。