クロロゲン酸の効果・効能。

クロロゲン酸の効果・効能

スポンサードリンク

クロロゲン酸

クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種で、コーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。

クロロゲン酸はコーヒー独特の褐色、香り、味の重要な要素となっていると考えられています。

このクロロゲン酸は、ポリフェノールの特徴である抗酸化性を持っています。体内で発ガン物質ニトロソアミン(発がん物質)の生成をおさえる働きがあり、さらにニトロソ化合物の動きを不活性化する抗変異原作用があることが研究により分かっています。

クロロゲン酸と脂肪代謝(ダイエット)

クロロゲン酸は脂肪代謝促進作用があります。クロロゲン酸は、褐色脂肪細胞にアタックして脂肪の燃焼効率をアップさせます。

さらに、

  • ダイエットによるリバウンド防止作用
  • インスリン分泌促進作用

があります。

クロロゲン酸は熱に弱く、200℃以上で焙煎すると生コーヒー豆中に含まれるクロロゲン酸量の5%以下になってしまいます。コーヒーを飲んでも、1杯あたり100mgのカフェインは摂取できますが、クロロゲン酸はほとんど摂取できないのが現状です。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。