クマリンの効果・効能。

クマリンの効果・効能

スポンサードリンク

クマリン

クマリンは、特にセリ科、ミカン科、マメ科、キク科の植物に広く含まれていル成分です。桜の葉に代表される植物の芳香成分の一種です。バニラに似た芳香があり、苦く、芳香性の刺激的な味がします。

抗酸化物質のポリフェノール、フェノール酸系に分類される香り成分で、抗菌作用、エストロゲン様ホルモン作用、光感作促進、抗血液凝固などが知られていて、血栓防止薬としても利用されています。

ちなみに、桜湯や天然のオオシマザクラの塩蔵葉を用いた桜餅の香りはこれらに含まれるクマリンなどによるものですが、肝毒性があるので食品添加物としては認められておらず、天然のサクラを使わずに菓子などに桜の香をつけるには別の化合物が使用されています。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。