ハイドロキノン

ハイドロキノンには、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑える効果がある成分で、「肌の漂白剤」とも言われる強力な作用を持っています。メラニンは、皮膚を紫外線などから守る働きをもつ反面、紫外線を過剰に浴 …

ハイドロキノンの効果・効能

ビタミンC誘導体

ビタミンCは、そのままだと不安定で壊れやすく、酸化しやすく、肌に吸収されにくいものです。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを壊れないようにコーティングして、肌の内部に吸収されてからビタミンCの成分が働くように …

ビタミンC誘導体の効果・効能

白金ナノコロイド

白金ナノコロイドとは、白金(プラチナ)を2ナノメートル(10億分の2メートル)という大きさの粒子に微小化した素材のことです。東京大学大学院の宮本有正教授らが研究・開発し、その製法特許は、産学連携ベンチャーで2 …

白金ナノコロイドの効果・効能

ホホバオイル

ホホバオイルは、北米の砂漠地帯が原産の常緑性かん木の実から取れるオイルです。ホホバオイルのスキンケア効果ホホバオイルは、すぐれた保湿効果があります。ホホバオイルは、皮膚への浸透性がよく、刺激のないオイ …

ホホバオイルの効果・効能

ピクノジェノール

ピクノジェノールとは、フランスの南西部のボルドー地方とピレネー山脈の間の大西洋沿岸に生育するフランス海岸松と呼ばれる松の樹皮から抽出された抗酸化物質のことです。優れた抗酸化力ピクノジェノールの抗酸化力 …

ピクノジェノールの効果・効能

ハマメリス

ハマメリスは日本名「アメリカマンサク」と呼ばれ、原産はアメリカ東部、カナダ、メキシコでやや湿度の高い森林に分布しています。ハマメリスは、アメリカの先住民であるインディアンは、薬として創傷や皮膚炎症の緩 …

ハマメリスの効果・効能

バナジウム

バナジウムは、地表に広く分布する微量金属元素で、植物や動物のからだにナノグラム単位(1グラムの10億分の1)で存在すると考えられています。人のからだにも0.1〜1mgはあるのではと推定されています。主にじん臓、肝 …

バナジウムの効果・効能

ペクチン

ペクチンは、あらゆる植物に含まれている天然の多糖類です。ペクチンは、植物の細胞壁の構成成分として、セルロース等の成分と結合して、植物細胞をつなぎ合わせる働きをしている天然の多糖類です。ペクチンは、ゼリ …

ペクチンの効果・効能

プロポリス

プロポリスは、ミツバチがウイルスや菌から自らの巣を守るために植物の樹液や花粉などと、ミツバチがだすミツロウをミツバチが口でねって作った樹脂状のものです。プロポリスの歴史は古く、2300年も前に古代エジプト …

プロポリスの効果・効能

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリン(PS)は、アミノ酸の一種であるセリンとリン酸、グリセロール、脂肪酸が結合した物質で、リン脂質の一種です。リン脂質は、神経細胞膜を構成し、脳細胞で最も高い濃度で存在します。ホスファチジ …

ホスファチジルセリンの効果・効能

パパイン

パパイヤは、熱帯を原産とする果実で、ビタミンCを豊富に含んでいる果物です。パパイヤにはさまざまな酵素が含まれていて、パパイヤに含まれている酵素を抽出して、健康食品やダイエット食品などにも多く利用されて …

パパインの効果・効能

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、神経伝達物質として神経細胞間で信号を伝達する役割を持つアミノ酸のひとつで、必須アミノ酸です。天然のフェニルアラニンのことを、Lフェニルアラニンと言います。フェニルアラニンの効果フェ …

フェニルアラニンの効果・効能

バリン

バリンは、体内では合成されない必須アミノ酸のひとつで、さまざまな食品に広く含まれています。バリンは、ロイシンやイソロイシンと同じ分岐鎖アミノ酸(BCAA)の1つです。バリンは、肝臓では処理の対象とならずに筋 …

バリンの効果・効能

ヒスチジン

ヒスチジンは、子供の成長に大きく影響している必須アミノ酸の一種です。ヒスチジンは、大人は体内で合成できますが、子供は合成ができないので、必須アミノ酸扱いとなっています。ヒスチジンには、神経機能を助ける …

ヒスチジンの効果・効能

プロリン

プロリンは、コラーゲンの主要要素で、結合組織・心筋の合成時の主な材料となるアミノ酸の一種です。プロリンは、ラクダのコブに豊富に含まれています。プロリンは、コラーゲンの生合成に欠かせない物質で体内で合成 …

プロリンの効果・効能

大豆ペプチド

大豆ペプチドは、大豆のタンパク質が酵素分解することで得られる成分です。大豆ペプチドのペプチドとは、タンパク質がアミノ酸として分解吸収される一歩手前の分子結合のことで、タンパク質とアミノ酸の中間に位置す …

大豆ペプチドの効果・効能

ビタミンD

ビタミンD(カルシフェロール)は、脂に溶ける性質を持っています。くる病の予防因子として発見され、「日光のビタミン」と呼ばれています。プロビタミンDが紫外線に当たるとビタミンDが合成されます。D2とD3があり …

ビタミンDの効果・効能

ビタミンE

ビタミンE(αトコフェノール)は、脂に溶け、肝臓、脂肪組織、心臓、筋肉、血液など体内で蓄えられます。しかし、比較的短時間しか貯蔵はききません。摂取量の6〜7割は排泄されてしまいます。強力な抗酸化物質でビ …

ビタミンEの効果・効能

ビタミンK

ビタミンK(フィロキシン)は、血液を凝固させるプロトロンビンなどの形成に不可欠な存在です。ビタミンK(フィロキシン)が不足するとビタミンK(フィロキシン)が不足すると血が止まりにくくなるなどの症状が出ま …

ビタミンKの効果・効能

ビタミンK2

ビタミンK2は、骨の発育を促進する効果や破骨細胞の働きを遅らせ、骨粗鬆症を予防・治療する効果があります。ビタミンK2が不足すると骨粗鬆症になりやすくなります。1日の所要量男…65ug女…55ug …

ビタミンK2の効果・効能

ビタミンC

ビタミンC(アスコルビン酸)は、アスコルビンサンとも言います。ビタミンCは、水に溶けるビタミンの中でも最も不安定で壊れやすいビタミンです。コラーゲンの形成に主要な働きをします。鉄分の吸収を助け、副腎皮質 …

ビタミンCの効果・効能

ビタミンB1

ビタミンB1(チアミン)は、水に溶ける性質を持っています。特に加熱後、水に漬けておくと一層溶けやすくなります。弱酸性下で安定しています。脚気の研究で発見された最初のビタミンで、サイアミン、またはチアミン …

ビタミンB1の効果・効能

ビタミンB2

ビタミンB2(リボフラビン)は、水に溶けますが、ビタミンB1ほどではなく、光に当てると溶けやすくなり壊れやすい性質です。アルカリ性に弱く、酸や熱にはやや安定しています。体内での炭水化物の代謝における酸化還 …

ビタミンB2の効果・効能

ビタミンB6

ビタミンB6(ピリドキシン)は、水に溶ける性質を持っています。体内には蓄積されず、摂取して8時間以内には排泄されます。たんぱく質の代謝に重要な働きをし、たんぱく質を多量に摂った場合には必要量が増します。 …

ビタミンB6の効果・効能

ビタミンB12

ビタミンB12(コバラミン)は、水に溶ける性質があります。ビタミンB12は、ごく少量の摂取でも効果があります。「赤いビタミン」として知られており、コバラミンとも呼ばれます。最も複雑な構造を持っていて、必須ミ …

ビタミンB12の効果・効能

パントテン酸

パントテン酸は、鶏のヒナの皮膚炎防止因子として発見されたB群の一つで、動物の成長には不可欠なビタミンです。「パン」は全体という意味で、ほとんどの食品に含まれている事からこの名がつきました。腸内でも作ら …

パントテン酸の効果・効能

ビオチン

ビオチンはビタミンHとも呼ばれ、ビタミンB群の1種で私達の体にとって必須のビタミンです。正常な免疫機能の維持をサポートし、糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポートします。アミノ酸や脂肪酸の代謝を助けるほか …

ビオチンの効果・効能

βグルカン

β結合とよばれる結合方式で多数のグルコースが結合したきのこ類に含まれる高分子多糖類のことです。βグルカンの効果β-グルカンの効果は、体内の感染細胞やガン細胞を攻撃するマクロファージや、NK細胞、T細胞 …

βグルカンの効果・効能

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。