グルコサミン

グルコサミン(Glucosamine)は、ブドウ糖のグルコースとアミノ酸のグルタミンが結合した天然のアミノ糖類の一種です。グルコサミンは、自然界ではカニやエビなどのキチン質の主要成分として多く存在しています。グル …

グルコサミンの効果・効能

カプサイシン

カプサイシン(capsaicin)とは、唐辛子の辛味成分の一つの成分です。カプサイシンには、殺菌や食欲増進などの作用があります。カプサイシンを摂取すると、中枢神経を刺激して副腎皮質からアドレナリンを活発に分泌さ …

カプサイシンの効果・効能

キトサン

キトサンは、カニやエビなどの甲殻類の殻やイカの骨格部から抽出される動物性の不溶性食物繊維のひとつで、天然と合成の両方があります。キトサン効果キトサンの効能に、抗菌や防臭効果があり、保湿性、抗カビ性に優 …

キトサンの効果・効能

クロロフィル

クロロフィル(Chlorophyll)は、緑色植物の細胞の中にある太陽の光エネルギーを利用し、炭酸ガスと水から酸素と炭水化物を合成する色素です。クロロフィルは、別名葉緑素といいます。クロロフィルの効能クロロフィル …

クロロフィルの効果・効能

ケラチン

ケラチンとは、毛髪や爪、皮膚の角質層を形成するための硫黄を含むタンパク質の総称です。ケラチンは、水分をよく含む繊維状の細長いタンパク質で弾力性に富んでいます。羊毛や羽毛・角・うろこなどもケラチンででき …

ケラチンの効果・効能

グルコマンナン

グルコマンナンは、多糖類の一種で、こんにゃく芋に多く含まれていて、こんにゃくマンナとも呼ばれています。グルコマンナンは、コンニャクに含まれている人間の消化酵素では消化することのできない食物繊維のことで …

グルコマンナンの効果・効能

コンドロイチン

コンドロイチンとは、ネバネバした成分であるムコ多糖類の一種で関節軟骨などを構成するものです。コンドロイチンの語源は、ギリシャ語で「軟骨」という意味です。関節の軟骨は、約27〜43%がコンドロイチンで構成さ …

コンドロイチンの効果・効能

ケール

ケールは、和名で緑葉甘藍(りょくようかんらん)、もしくは羽衣甘藍(はごろもかんらん)と言います。青汁の原料として知られるケールは、キャベツ類の原種と言われます。ケールは、ヨーロッパが原産で古代ギリシャでは …

ケールの効果・効能

キャッツクロー

キャッツクローは、南米ペルーの中央山岳部にある森林地帯に自生するアカネ科のつる状の樹木です。キャッツクローは、現地ではウンガリアとも呼ばれていて、インカ帝国時代から鎮痛や炎症の伝承薬として利用されてき …

キャッツクローの効果・効能

グリコーゲン

グリコーゲンは、肝臓や筋肉に含まれている成分です。動物性のでんぷん多糖類の一種です。グリコーゲンは、食物から摂取したエネルギーを、グリコーゲンの形で肝臓に一時蓄えておきます。なので、エネルギー貯蔵物質 …

グリコーゲンの効果・効能

ガルシニア

ガルシニアは、正式名を「ガルシニア・カンボジア」といい、南インド原産の熱帯性果物です。ガルシニア果実は、酸味のある味が特徴で、ガルシニアの皮に含まれているクエンブドウ糖という成分が脂肪に変わるのを阻害 …

ガルシニアの効果・効能

グリシン

グリシン(glycine)は、アミノ酢酸のことで、タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形を持っています。別名グリココルといい、糖原性を持っています。グリシンは、甘かったことからギリシャ語で甘いを意味す …

グリシンの効果・効能

グルタミン酸

グルタミン酸は、アミノ酸の一種で、動物の体内では神経伝達物質として使用されます。グルタミン酸は、脳に必要なアミノ酸ですが、不足する事はありえないようです。グルタミン酸の効果グルタミン酸は、体内では脳の …

グルタミン酸の効果・効能

グルタミン

グルタミンは、グルタミンは筋肉中のアミノ酸の約60%を占めているアミノ酸の一種です。グルタミンの効果グルタミンは、筋肉のたんぱく質合成の促進、胃や小腸などの消化器の機能維持や構造を保つための主要なエネル …

グルタミンの効果・効能

クレアチン

クレアチンは、元々筋肉の中にあるアミノ酸の一種です。食物に含まれるクレアチンはとても微量です。クレアチンを必要量摂取するためには、大量のお肉や魚を摂らなければなりません。クレアチンのサプリメントの摂取 …

クレアチンの効果・効能

カルシウム

。カルシウムは骨の主成分で、体のいろいろな器官の機能に関係する大切な栄養素の1つです。骨や歯の形成に不可欠な成分です。血液の凝固を助けたり、筋肉や神経を正常にする作用もありますカルシウム不足1.イライ …

カルシウムの効果・効能

コバルト

コバルトは、ビタミンB12の構成元素です。単体ではなくビタミンB12の一部を構成するミネラルで、骨髄の造血作用に不可欠なミネラルです。骨髄での造血に不可欠な物質で、赤血球・血色素の生成を促します。造血機能を …

コバルトの効果・効能

カテキン

お茶の渋味成分として知られています。抗酸化力が強いポリフェノールの一種です。カテキンは緑茶葉の重量で、1〜2割を占めています。細菌の増殖を防ぐ抗菌作用や抗毒作用があります。また、血中コレステロールを減ら …

カテキンの効果・効能

クルクミン

ウコンに含まれる黄色の色素成分で有効成分のひとつです。クルクミンの作用・効果クルクミンには肝臓の働きを高め、免疫力を向上させる作用や抗酸化作用などがあります。それはウコンに含まれているクルクミンの働き …

クルクミンの効果・効能

クロロゲン酸

クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種で、コーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。クロロゲン酸はコーヒー独特の褐色、香り、味の重要な要素となっていると考えられています。このクロロゲン酸は、ポリフ …

クロロゲン酸の効果・効能

ケルセチン

ケルセチンは、多くの野菜や果物に含まれる抗酸化物質であるフラボノイドの一種です。フラボノイドはポリフェノールの一種なので、つまり、ケルセチンはポリフェノールということです。ケルセチンの抗炎症・抗ヒスタ …

ケルセチンの効果・効能

カシス ポリフェノール

カシスは欧州からアジアの寒冷地で生息する小潅木で、酸味のある小さな濃い紫色の実がなります。カシスの実はブルーベリー以上に人気があるそうです。カシスの実から抽出されるポリフェノールカシスの実から抽出され …

カシス ポリフェノールの効果・効能

クマリン

クマリンは、特にセリ科、ミカン科、マメ科、キク科の植物に広く含まれていル成分です。桜の葉に代表される植物の芳香成分の一種です。バニラに似た芳香があり、苦く、芳香性の刺激的な味がします。抗酸化物質のポリ …

クマリンの効果・効能

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。