NMFの効果・効能

スポンサードリンク

NMF(白然保湿因子)

Natural Moisturizing Factor(NMF)とは、人間自身がもともと持っている皮膚の保湿成分で自然(天然)保湿因子ともいいます。

角質層、角質細胞の中にあって、水を吸収して保持する物質です。

NMFはいくつかの成分からなっていて、遊離アミノ酸類が40%と最も多く、それにピロリドンカルボン酸や尿素などのアミノ酸代謝物を加えると、アミノ酸はNMFの組成の60%を占めています。

いずれも水分を保持する力があります。

このためNMFは角質層の水分を保持する働きを持っていて、肌をみずみずしく保つという重要な役割を果たしています。

このNMFがあるため、角質層は外部の水分を吸収し、貯えることが出来るのです。

美肌にとってのNMF

NMFは皮膚角質内の糸細胞間脂質にはさまれた自然保湿因子です。

肌がうるおいを保っているのは、皮脂膜の水分蒸発抑制作用と表皮の角質層が水分を保持する力をもっているからです。

この角質層が水分保持能力を発揮する自然の保温成分をNMFと呼んでいます。

このNMFが減少すると、乾燥して肌荒れが起こります。

モイスチャーバランスの要

NMFは角質細胞がターンオーバーの途中で壊されてできるのですが、(NMFは角質細胞内に存在している)何らかの理由で(アトピーや化粧品に含まれるアブラ成分など)ターンオーバーの速度が早くなると、角質細胞が壊される暇がなくなり、角層中のNMFが減少してしまいます。その結果、皮膚が乾燥してカサカサになってしまうのです。

NMFは、モイスチャーバランスの要の役割を果たしています。

NMFが減少する要因

新陳代謝に影響を与える睡眠不足、過労、化粧品など、さまざまなマイナス要因でNMFは新陳代謝が悪くなることによりに減少してしまいます。

加齢、アトピーなどでもNMFが減少することが知られています。

NMFが減少すると角質層は水分保持能力を失って、乾燥した環境に置かれると水分を簡単に失ってしまいます。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。