リンの効果・効能。

リンの効果・効能

スポンサードリンク

リンの体内での働き

リンは、体内のミネラルの中でカルシウムの次に多い栄養素です。大人の体にはおよそ700gのリンが含まれています。

体内のリンは、その85%がカルシウムマグネシウムとともに骨や歯をつくる成分になっています。残りの15%は筋肉、脳、神経などの様々な組織に含まれていて、エネルギーを作り出す時に必須の役割をしています。

リンは、血液中の酸やアルカリを中和し、糖質の代謝を円滑にします。

体内のカルシウムバランスを保つ役目も果たします。

リンはエネルギーを作るのに大切なミネラルですが、量が多いとカルシウムを溶かしてしまうので、リンが多く含まれる清涼飲料水や食品添加物の摂り過ぎには注意が必要です。

1日の所要量

700mg

リンが含まれる食品

たんぱく食品(肉類)

リンとカルシウムと骨

リンは、カルシウムの代謝と関係が深いミネラルです。

カルシウムの摂取量が低いのに、リンを過剰に摂取する食事を長期間続けていると、骨量と骨密度が減る可能性があるといわれています。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。