ケルセチンの効果・効能。

ケルセチンの効果・効能

スポンサードリンク

ケルセチン

ケルセチンは、多くの野菜や果物に含まれる抗酸化物質であるフラボノイドの一種です。フラボノイドはポリフェノールの一種なので、つまり、ケルセチンはポリフェノールということです。

ケルセチンの抗炎症・抗ヒスタミン作用

ケルセチンには、抗炎症作用、抗ヒスタミン作用があります。この作用が花粉症状を抑えてくれます。

また、抗ヒスタミン剤のように副作用の心配がない成分です。

サプリメントでの摂取が効果的

ケルセチンの摂取でアレルギー症状を抑えるほどのたまねぎやリンゴでとろうとすると、1日に何kgも食べなければいけなくなります。

ケルセチンは、一般の食事からとるのは難しい成分です。ですので、サプリメントでとるのが一般的とされています。

サプリメントでケルセチンを摂取する場合は、花粉症の症状が出そうな時期の数週間前から飲むとよいとされています。

ケルセチンで痛風予防?

ケルセチンには、痛風の予防効果があるといわれています。痛風の原因になる尿酸の過剰な生成と痛風発作の炎症を抑えるブロメラインの吸収を助ける働きがあるといわれています。

ケルセチンの脂肪吸収阻害作用

ケルセチンは、ポリフェノールの中でも特に脂肪吸収阻害効果が強い成分です。体内の脂肪を排出するのを助ける働きがあります。

ケルセチンを含む食品

ケルセチンは、たまねぎに最も多く含まれています。

ケルセチンは、アスパラ、ブロッコリー、りんご、緑茶、赤ワイン、ココアにも含まれています。

たまねぎですと、中身よりも皮のほうにケルセチンが多く含まれているそうです。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。