ルチンの効果・効能。

ルチンの効果・効能

スポンサードリンク

ルチン

ルチンは、薬草などとして用いられていたミカン科のヘンルーダ(Ruta graveolens)から発見された柑橘フラボノイドの一種です。ルチンは、ミカン科の植物に限らずマメ科のエンジュやタデ科のソバなどからも見出されています。

1930年代に発見され、ビタミンとしての働きがあることから単体でビタミンPと呼ばれていました。

後にビタミンPを構成するクエルセチンやヘスペリジンなどいくつかの物質が発見され、ルチンが単体でビタミンPと呼ばれることはなくなりました。

ルチンの効果

ルチンは、血管収縮作用、毛細血管の透過抑制作用、毛細血管壁を強くする効果があり、脳出血などの予防に効果があるのではないかといわれています。

また、抗酸化能があるので、活性酸素を除去し血液を浄化する作用を持つといわれています。

また、ヒスタミンの遊離を抑える抗アレルギー作用があるとも言われています。ただ、ルチンが含まれるソバは食品衛生法によるアレルゲンの特定原材料5品目の一つとして表示が義務付けられていて、ソバから抽出されたルチンには、不純物としてソバアレルギーの原因蛋白質が含まれる可能性があります。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。