セサミンの効果・効能。

セサミンの効果・効能

スポンサードリンク

セサミン

セサミンは、ゴマに1%未満程度含まれているゴマグリナンを形成する物質で、脂溶性の抗酸化物質です。

古くからゴマは、体によいといわれていますが、そのゴマのパワーの源なる物質がセサミンです。

セサミンは、ゴマ一粒にわずか0.5%の割合でしか含まれていません。

セサミンの効果

セサミンには、抗アレルギー・肝機能の改善・コレステロールの上昇抑制・脂質代謝を促進する等の効果があるとされています。

また、セサミンは美容や貧血の予防にもよいと言われています。

血液内で抗酸化作用を発揮するセサミン

他のほとんどの抗酸化物質は、食物として口に入ったその時から、すぐにその効果を発揮します。消化・吸収されて肝臓に運ばれる途中でも、血液中の活性酸素と戦い続け、肝臓にたどり着くまでに相当の戦いをするのですが、さらに肝臓には強靱(きょうじん)で多量の活性酸素が待っています。

ところが、セサミンは腸で体内に吸収され、血液にのって肝臓まで運ばれますが、肝臓に到着してはじめて肝臓内の活性酸素を除去します。

ビタミンEとセサミン

ビタミンEは、セサミンと同じく抗酸化力を持っていますが、非常にデリケートで、肝臓に達した途端、活性酸素によって壊されてしまいます。

セサミンは、そのビタミンEを守ります。

悪玉コレステロールの増殖を抑える

また、セサミンは、悪玉コレステロールの増殖を防ぐ効果があり、動脈硬化などの予防や改善などの効能も期待されています。

二日酔いの予防にも

また、セサミンは、肝臓でアルコールの代謝を促し、酔いの原因とされるアセトアルデヒドの分解を促進し、二日酔いの予防などの効能も期待できるといわれています。

ゴマからセサミンを摂取

ゴマからセサミンを摂取するには、殻をすりつぶしてからの方がよいようです。

セサミンの摂取量

セサミンの1日の摂取目安は、10rです。ゴマの量にすると約3000粒です。

セサミン 激安
©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。