スピルリナの効果・効能。

スピルリナの効果・効能

スポンサードリンク

スピルリナ

スピルリナは、酸性の湖に繁殖する藍藻類の一種で、生命最古の生物と言われています。

スピルリナの約70%がタンパク質で構成されています。

スピルリナは、クロレラよりもベータカロテンやゼアキサンチンを多く含んでいます。

フィコシアニン

スピルリナに含まれているフィコシアニンという成分が、最古の生物と言われる所以です。

フィコシアニンと鉄が結びつくことで動物に、マグネシウムと結びつくことで植物に変化していったと推測されています。

スピルナには、オレンジ色のカロテノイドのほか、緑色の葉緑素(クロロフィルa)、青色のフィコシアニンの3種の色素が含まれています。この内フィコシアニンは藍藻類の名前の由来ともなっている鮮やかな青色を呈するため、天然の食用色素として冷菓・乳製品・粉末ジュース・飲料・ガムなどに利用されています。

スピルリナとクロレラ

スピルリナは、よく比べられるクロレラより、細胞膜が柔らかく消化吸収に優れていることが分かっていて、完全食品と言われています。

スピルリナの効果

スピルリナの抗酸化作用は、健康食材としても注目されています。また、消化吸収性が良いという性質も持っています。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンとは、抗酸化物質であるカロテノイドの一つで活性酸素を除去する働きに優れています。

ゼアキサンチンは、目の疲れや白内障に効果があると言われています。

ゼアキサンチンは、ルテインと共に人の網膜に存在するカロテノイドとして知られています。

ゼアキサンチンは、目の網膜を保護して老化にともなう目の病気を防ぐ効果があります。

ゼアキサンチンもルテインも脂溶性成分なので食事と一緒に取るほうが吸収率の点で効果的です。

ゼアキサンチンは、卵黄、マリーゴールド、ブロッコリー、ケール、ほうれん草、クコなどに含まれています。

ベータカロテン

ベータカロテンは、以前はベータカロテンと呼ばれていて、にんじんやサツマイモ、かぼちゃなどに多く含まれているカロテノイド(色素のひとつ)です。

ベータカロテンは、体内でビタミンAへ変化することで、ビタミンAとしての抗酸化作用があります。

また、ベータカロテンのままでも、強い抗酸化作用を持っています。

©美容・健康成分の効果・効能BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。