アグリモニー

羽状葉のついた長い茎に、5枚の花弁をもつ、小さくて黄色い鼻を咲かせるアグリモニー。蜂蜜のような香りがします。そのため、かつてはハチミツ酒に加えられたといわれています。アグリモニーティーは、収れん作用が …

アグリモニーの効果・効能

アンゼリカルート

ヨーロッパのアルプス地方原産とされるアンゼリカ。その昔、このハーブは強力なヒーリングパワーを持つと考えられていたため、『天使のハーブ』とも言われていました。この根を婦人科系の沈静や強壮のための薬草とし …

アンゼリカルートの効果・効能

エキナセア

北アメリカの先住民が、虫刺されの傷の手当てに用いていたエキナセア。『インディアンのハーブ』と呼ばれ、古くから親しまれてきました。エキナセアティーは、免疫を活性化させる作用があるため、花粉症対策に、シー …

エキナセアの効果・効能

クリーバーズ

北米やヨーロッパ、オーストラリアに自生するクリーバーズは、春先に庭先や道端で見かけるハーブのひとつです。利尿作用があって老廃物の排出を促して、リンパ系に働きかけて、体の毒素や老廃物を、泌尿器系から排出 …

クリーバーズの効果・効能

コーンシルク

コーンシルクは、トウモロコシの実から伸びる絹糸のような穂の部分です。おだやかで優れたり尿作用がハーブとして長く使われてきました。こーシルクティーもその効果が期待できます。暴行や尿道の炎症を緩和する働き …

コーンシルクの効果・効能

コルツフット

コルツフットは、初春にややくすんだ黄色の花を咲かせ、その後に心臓形の大きな葉が現れるキク課の多年草です。学名のTussilagoは『咳を散らす』という意味で、昔から呼吸器系の疾患に用いられてきたハーブです。コ …

コルツフットの効果・効能

ジュニパーベリー

高木の針葉樹であるジュにパー。優れた殺菌、消毒作用が古くから知られています。アメリカの先住民が風邪の治療にこの実を用いたり、フランスの病院では、枝を焚いて空気を清浄したといわれています。ジュニパーベリ …

ジュニパーベリーの効果・効能

バードックルート

バードックルートは、食物繊維が豊富な野菜ゴボウの根のことです。バードックは背が高く枝分かれする二年草で、丸みを帯びた矢形の大きな葉をつけ、紫色の小さな花を咲かせます。バードックルートティーは、尿酸や老 …

バードックルートの効果・効能

ヒース

ヒースは、ヨーロッパから西アジアに分布する常緑低木で、7〜10月にピンク色の花を咲かせます。農民の生活に役立つ樹木として、燃料や飼料、占領、ティーなどに利用されます。花の部分には、ミネラルが豊富に含ま …

ヒースの効果・効能

ヤロウ

ヤロウは、古くから優れた止血作用をもつことで知られ、利用されてきました。ギリシャ神話に登場する英雄アキレアも負傷した兵士の傷の手当てにヤロウを使用しました。学名のAchillea(アキレア)は、その英雄の名に …

ヤロウの効果・効能

ローズヒップ

ローズヒップは、ワイルドドックローズからとれる実です。ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK等を多く含んでいます。そのため、『ビタミンの爆弾』とも呼ばれています。特にビタミン …

ローズヒップの効果・効能

©ハーブとお茶BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。