マリーゴールドの効果・効能。

マリーゴールドの効果・効能

スポンサードリンク

消化器系や婦人科系の不調を緩和 マリーゴールド

マリーゴールドは、古代エジプトでは若返りの薬として、ジプシーたちは万能薬として利用していました。

花びらを使ったティーは、美しい黄金色が得量です。抗炎症作用があるので、胃の粘膜の炎症を抑えて、胃炎や胃潰瘍などの症状を緩和します。また、利尿、解毒、発汗作用ももち合わせていて血液循環を促してリンパ系統のうっ滞を除去し、体から毒素を排出するので、熱を伴う風邪やインフルエンザの季節には、予防を兼ねての飲用もよいでしょう。

ホルモン様作用もあって、生理による不良を和らげたり、生理のサイクルを整えるのにも有効なハーブです。

注意

キク科アレルギーの人は注意。

学名

Calendula officinalis

科名

キク科

ティーに使う部分

主要成分

精油、カロチノイド、樹脂、フラボノイド

フレンチマリーゴールド
©ハーブとお茶BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。