レッドクローバーの効果・効能。

レッドクローバーの効果・効能

スポンサードリンク

女性のホルモンバランスを調節 レッドクローバー

レッドクローバーは、3枚の卵形の小葉からなる複葉をもっています。中世イギリスでは、この3枚の小葉を神、キリスト、精霊の三位一体と関連付けて考えられてきました。1930年代には、この花は胸部、卵巣、リンパ腺のがん治療に使用されていましたが、最近では、ホルモン様作用のほうに関心が集まっているようです。

レッドクローバーティーは、女性のホルモンバランスを調節する働きから更年期障害の諸症状を緩和する効果が期待できます。また、抗炎症、鎮静作用もあるので、呼吸器の感染症にも効果があるといわれています。

注意

妊娠中の使用は避ける。

子供への使用は避ける。

学名

Trifolium pratense

科名

マメ科

ティーに使う部分

花穂

主要成分

フェノール配糖体、フラボノイド、クマリン、シアン配糖体、サリチル酸塩、フラボン類、イソフラボン

レッドクローバーエキス
©ハーブとお茶BOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。