スイーツの歴史などのうんちくを紹介しています。

スイーツBOX

スポンサードリンク

美味しいスイーツ

甘くて美味しいスイーツ。世界中には数え切れないほどのスイーツが存在します。

旬のフルーツを使ったスイーツやバターの風味がたまらないバターたっぷりのスイーツ、チョコレート好きにはたまらないチョコレート風味のスイーツ、とろけるプリンやクリーミーなアイスクリームなどなど。

スイーツの歴史

スイーツの歴史を探ると、失敗から生まれたスイーツが数多く存在します。このスイーツはなんでこんな食感をしているんだろう?また、なんでこんな形をしているんだろう?

スイーツには、なぜこのような形、食感になったか面白くて興味深い理由があったりします。

このサイトそんなスイーツについてできる限り紹介しています。

ストレスとスイーツ

頭を使う作業をする時に甘いものを食べるといいといわれているは、脳がブドウ糖を必要としてるからです。

脳が働くためには、ブドウ糖が不可欠です。しかし、脳内にブドウ糖をためておくことはできないので、常に補充していかなければなりません。

また、子供の場合は大人よりもさらに多くのブドウ糖を必要としています。

脳内エンドルフィン

一説には、甘いものを摂ると脳内エンドルフィンが分泌されるといわれています。エンドルフィンは、脳内麻薬ともいわれている神経伝達物質のひとつです。その効果で心が落ち着くといわれています。

what's new!

©スイーツBOX

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。